h2measure1

measure of brindea

Flower Valentine

全国の花き業界の有志が組織するフラワーバレンタイン推進委員会では、平成22年度(2011年)から2月14日バレンタインデーには男性から女性へ花を贈る習慣の定着をめざし、統一キャンペーン「フラワーバレンタイン」を実施しています。
ブランディアではその一環として、2013年2月14日にAIR Gで開催されるGコンでお花を購入できるブースを用意致しました。
今後もフラワーバレンタインを応援していきます。

Flower Ceremony

北海道の企業であるブランディアでは、北海道ならではのスポーツであるスキージャンプ・カーリングを応援しています。応援する中の一環で北海道で開催されるスキージャンプの大会で表彰台に上がる選手に、お花を提供しております。

花飾り

今話題の花飾り、花冠、花人間などもっと沢山の方に自然に触れてもらいたいという想いの元、女性を花で綺麗に飾る企画です。
Brindeaでは、新しい花の需要を応援します。

花業界を変えるミーティング

私たちは小売店が求めている商品を生産者に提案をし、その商品を作ってもらい、その時に価格も提示する取り組みを行っています。生産者と小売店がイコールで結ばれるとお互いがより良い状態になれると考えているからです。

安定的に、必要なものを作る事、その時必要のないものは作らない。
また、どのタイミングでどれだけの商品を売りに出すか等、打ち合わせをし、最先端の技術を駆使して、取り組んでいくのがブランディアです。今後、小売店と生産者を結び付ける勉強会を行っていきたいと思っております。

日持ち試験

農林水産省は2010年度から「○日間保証」などと綺麗な姿を楽しめる保証期間を表示する、花の「日持ち保証販売」の普及に乗り出しました。
鮮度や日持ちを求める消費者のニーズは高く、伸び悩む国産花きの需要拡大につなげる為に「北海道初の日持ち試験室」をブランディアは導入いたしました。
花き業界で差別化商品が増え、生産履歴の表記・採花日表記・エコファーマー、MPS、日持ち保証、CO2排出量・・・
産地ー札幌花市場ー小売店の連携で情報を共有し売れる花を生産・販売するために、花の日持ち保証販売は、花業界発展の為に需要拡大の切り札となり、英国やドイツでは定着しており、国内でも一部産地が取り組みを始めています。
今後の実験結果を基に、品質チェックするためにもお取引先(生産者・小売業者)へマニュアルを作成し、扱う切り花の試験販売を行い、販売効果や実際に何日間綺麗な状態を楽しむ事が出来たかなど、消費者の反応も追跡調査していきます。

上の写真は同じ日から育てている花ですが、それぞれ左の花と右の花だと状態が違う事が分かると思います。
私たちは現在、決められた試験条件の下、日持ち販売の目安となるために2012年12月より日持ち試験室を作り、実験を行っています。また、バクテリア等の検査も同時に実施しています。私たちは様々なお花の試験を行い、結果をデータ化し情報をお知らせし、差別化商品を作り日持ち保証販売を可能にし、お花屋さんに貢献してまいります。

ページトップへ