h2challenge2-3

流通への挑戦

花き流通への挑戦。

お客様のニーズと、生産地のこだわりを一つにすることで、より充実したサービスの提供が可能になります。
例えば「欲しいものを欲しいだけ手に入れたい。」そんな当たり前の思いが、今までの流通の仕組みではなかなか実現できないのが現状でした。
そこで弊社は、サービス内容を充実させるために生産地とお客様の距離を縮め、それぞれの「想い」が響き合う環境整備から始めました。
恵まれた土壌には美しい花が咲くように、流通システムを含めたサービス基盤を見直し、丁寧に育む事で、お客様にも生産地にも喜んでいただける魅力的な商品が提供できると考えております。
古い概念や組織体制にとらわれることなく、自由な発想と行動をもって何事にもチャレンジし続けることで新たなる可能性を生み出すことが我々のモットーです。
自分たちの都合で物事を考えず常にお客様の立場や視点にたって商品やサービスを提供することへのこだわりもブランディアの特徴です。 そして常に「ありがとう」の気持ちを忘れずに、生産地にも生花店からも信頼される「ベストパートナー」になることを目指しています。

新しい流通

弊社の新しい流通への挑戦は大きく取り上げると3つあります。
まず1つ目は、入荷した商品を当日の午前中のうちに小売店に届ける事が出来るシステムが整っている事です。
通常の花市場であれば、せりで購入した商品は当日の昼過ぎに小売店に届きますが、弊社では入荷した商品を深夜に仕分けし、出荷準備を行っているので小売店様により早くお届けする事が可能になっております。
2つ目は、東京の市場を始め、全国の市場との連携により、珍しいお花を供給出来る体制が整っている事です。
これにより、北海道にいながらも全国のお花を提供する事が可能になっています。
3つ目は、自社のトラックによる千歳空港からの引き取りにより、スピーディな物流網を作り上げた事により、より新鮮な状態で小売店様に届ける事が出来るようになっている事です。
このような物流網は北海道では弊社のみ行っている事です。

時代のニーズに合った商品の創造を

優れた商品を既成の枠組みにとらわれることなく消費者に届けたいという我々のこだわりを達成するためには、常に柔軟な発想が求められます。花のトレンドや市場のニーズはもとより、流通させる花きの規格や流通ルートにいたるまで、常に柔軟な発想と的確な判断をもってより良い商品作りに徹底しています。
そうすることでお客様に対して花を販売するだけではなく、花を通して暮らしをより豊かにするための総合的なプロデュースが出来る点もブランディアの強みです。

ページトップへ