h2workstyle-5-3

キーパーソン

福田 信治
  • トップメッセージ
  • キーパーソン02
  • ブランディアで働く

ブランディアの強みは何ですか?

情報が早く正確である事とお客様によって臨機応変に対応し、販売出来る事

ブランディアの情報は早く正確である事!
出荷を頂いている生産者は道内もとより、全国から出荷を頂いています。
また揃わない商品に関しては、独自ルートで全国各地から取り寄せる事も可能です。
当社では沢山の産地から届く季節の花を一早くお客様のお手元にお届けできるのも強みです。ロジスティックを研究し突き詰めていく事により、より良いサービスに繫がっていると考えています。出荷して頂いたお花を少しでも早く、鮮度管理を徹底してお届けする!を合言葉に社員はもとよりパートさんまで一貫した考えのもと日々の販売に取り組んでいます。

また、販売面での柔軟性もあります。一般的な市場では箱単位での販売が主ですが当社では10本単位(商品により異なります)からの小口での購入も可能で、お客様によって臨機応変に対応し販売することが可能です。

福田専務の仕事に対する姿勢を教えて下さい。

常に新しい事に挑戦していく事。適切な価格で商品を販売する事

一つは常に新しい事に挑戦していく事です。
最近であれば、数年前から計画、準備をしていた『契約栽培』が本格的に道内で始まる事です。農産物では青果の分野では取組が盛んですが、花の分野ではまだ数えるほどしか事例は無いはずです。特に道内では初の試みだと思います。

もう一つは適切な価格で販売をする事です。
私の前職は市場でセリをおこなっていました。市場では販売の型が決まっていましたがブランディアは販売に対しての規制がないのです。ですから純粋にお客様(生花店、生産者)のことを第一に考えて取り組む事ができます。
例えばセリが行われる市場であれば、セリの時にある程度綺麗に見せる切り前であったり箱詰めであったりと色々生産者は苦労するわけです。でも本当にその切り前でいいのか?と、私は思います。購入してから一日でも花が長持ちする事を一番に考えられる会社にしたいですね。賛否両論だとは思いますが、そんなことも根本からぶち壊していきたいですね。
もっと生産者と花屋さんを直線でつなげて商売をしていきたいと思います。そうなる事で販売は安定し流通を円滑化にできると信じています。私たちは、『顔の見える販売』を実践していきたいですね。

福田専務の考えを社員の方々にどのように伝えていますか?

同じ目線に立って伝える

社員と同じ目線に立って物事を伝えるようにしています。
仕事に対しての基本的な部分は指導しますが、それ以外は社員に任せています。
とにかくよく考えチャレンジさせるようにしています。成功、失敗は結果であり後からついてくるもので、まずは行動すること!
失敗を恐れずチャレンジし続ける事で、成長していってほしいと考えています。
また私たちの会社は若くて活気がある職場です。
社員の大半は花経験の無い人です。そう言う点で不安に思う方もいるかもしれませんが、私とは違う角度から花をとらえることができ、柔軟な発想で私自身も教えられる事も多いですよ。
とにかく社員はもとより花業界に携わる人に、私は情熱をもって今後も接していきたいと考えています。

ページトップへ